• ホーム
  • ユーザーフレンドリーな読みやすい記事とは

ユーザーフレンドリーな読みやすい記事とは

多くの方に訪れてもらうためには読みやすい記事を意識することも大切です。全く同じ内容が書かれているとしても、その書き方次第で読みやすさが大きく変わることもあります。例えば、文字サイズは読みやすさに影響を与えやすい要素の1つです。基本的には大きめのサイズに設定しておいた方が読みやすい記事になりやすいといえるでしょう。

ホームページ上には様々な方が訪れます。中には視力がそれほど良くない方もいます。そういった方でも安心して読めるような文字サイズにすることが大切です。もちろん、文字が大きすぎた場合は記載できる内容が減ってしまう恐れがあるため、あまりにも大きくなりすぎないようにすることも重要といえるでしょう。フォントによっては同じ文字の大きさでも見やすさが変わります。

誤字脱字をなくすことも記事を書く時に重要な要素です。誤字脱字があると読みにくくなるだけでなく、誤解を招いてしまうこともあります。インターネット上では誤字や脱字のチェッカーが用意されていることもあるのでそちらを利用することは有効となります。特に複雑な漢字や英単語はミスが起こりやすいので注意しておきましょう。

利用者の中にはモバイル端末を使用する方もいれば、パソコンを使用する方もいます。それぞれの機器に対応することはユーザーフレンドリーを実現するために重要となります。特にパソコン専用のホームページはモバイル端末で閲覧したときに見づらいケースがあります。最近ではスマートフォンでサイトにアクセスすることがごく自然なことになっているので、スマートフォンへの対応は必須ともいえるでしょう。

記事内に吹き出しを用意することも工夫の1つです。吹き出しとフォントを活用することで印象を大きく変えることが出来ます。また、分かりやすい見出しを付けて利用者の興味を惹きつけることも重要です。ただし、見出しのわりに内容が充実していないと印象が悪くなってしまうこともあるので注意が必要となります。サイト内に複数のポイントがある場合はリストなどを作成し、誰でも見つけやすい状態にしておきましょう。

改行は適度に行うことが求められます。必要に応じて行間を空けることも必要となります。リストの作成や改行、行間の空け方には個性が出ることが多いので、客観的に見て閲覧しやすいかを確認しておくことが大切です。画像は利用者を惹きつける1つの要素になっています。ただし、画像を掲載する場合は使用して問題のないものであるか、あらかじめ調べておく必要があります。

関連記事