• ホーム
  • 中古ドメインがSEOで有利になる場合もあります

中古ドメインがSEOで有利になる場合もあります

パソコンを使う人

サイトを運営するときにはドメインをどうするかという問題があります。
サイトを新しく作るからには新規ドメインで作りたいと考えている方もいますが、実は中古ドメインが有利な部分もあるので選択が重要となります。
中古ドメインとはオールドドメインとも呼ばれます。
中古といってもドメインは使用に伴って消耗するわけではなく、ドメインエイジを重ねていく性質を持っています。
それゆえにオールドドメインの方が信用性を得やすい特徴を持ちます。
ドメインエイジを重ねるのはなかなか大変なことなので、オールドドメインを利用している方も多いです。
また、ドメインパワーの強いドメインを選択することにより、有利な状態で開始できる可能性もあります。

Googleでは、悪質なスパム行為を行っているサイトに対して手動ペナルティを与えることが珍しくありません。
手動ペナルティを与えられると検索順位が下がってしまったり、削除されたりすることがあります。
手動ペナルティを受けることはサイトの運営において大ダメージともなるので注意が必要となります。
ドメインパワーを活用して検索順位を上げることは基本的には違反行為ではないので、よくその手法がとられています。
中古ドメインはインデックスされるまでのスピードが早く、インデックスの観点から言ってもSEOに有利といえるでしょう。
中古ドメインの効果を簡単にまとめたものを引用したので、気になる方はご覧ください。

新規ドメインの場合、インデックスやクローラーに発見されるまでの期間や検索エンジンからの評価が安定するまでの期間が、最低でも約6か月間ほどかかってしまいます。 また、不安定で不安な6か月を耐えて安心していたらエイジングフィルターという厄介なものが適用されてしまう可能性もあるのです。 エイジングフィルターの影響はサイトの順位が極端に下がってしまったり、圏外に飛んだり、インデックスから姿を消すなどサイト運用をしている意味がなくなるほどの損失になってしまいます。

引用元:【SEO効果】中古ドメインのSEO効果の持続期間について | SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

SEO対策を行うときにはガイドラインに適用しているかどうかを確認しておくことが重要となります。
ガイドラインに反していることが明らかになると、ペナルティを受けることになります。
自動ペナルティにしても、手動ペナルティにしてその代償は少なくありません。
被リンクを闇雲に繋ぐこともペナルティの対象となってしまうので注意が必要です。
ただし、関連性のある正常なサイトと被リンクで結ぶことはマイナスではありません。

中古ドメインは運用歴によって価格が変わります。
それまでに高い実績を積んでいる運用歴を持つドメインは価格が高くなります。
どのドメインを購入するかを検討することはサイトの運営を開始する上で非常に重要といえるでしょう。
Googleなどの検索エンジンではサイトの文字列をチェックする仕組みになっています。
利用者からは様々なデザインとして見えるホームページの内容を、文字列として把握することで円滑に調査できるようにしているという特徴があります。
これはGoogleなどの検索エンジンが莫大な量のサイトに対応できるようにするためです。

関連記事