• ホーム
  • 最適な内部リンク構成にするとはどういうことか?

最適な内部リンク構成にするとはどういうことか?

パソコンを使っている男性

ホームページを運営する際には、内部リンク構成にすることが重要となります。その時に大切なのがパンくずリストです。パンくずリストとは、閲覧しているページがホームページ全体のどの階層にあり、どこに位置するのかなどが提示されるリンクを言います。これは童話のヘンゼルとグレーテルが迷わないようにパンくずを置いたことが由来です。ホームページの内部構成が分かりにくくなっていると、利用者が目的としているページにたどり着かないというケースが多くなります。そこでパンくずリストを理解し、抜け漏れなく閲覧してもらいやすいサイト構成にすることが大切です。

特に重要なページを明確にすることはサイト運営の核ともなります。ホームページ上にはそのサイト内で目玉となっているページがあるはずです。せっかくホームページを作ったとしても、重要なページに移動してもらえないというケースが増えます。重要なページへの動線を確保しておくことにより、コンバージョン率などを高めることも出来ます。ホームページ上で重要なページのことを考えるときには相対的重要度がポイントになります。自分のホームページ上で相対的に重要なページを階層的に配置することにより、利用者の利便性を高めることが可能になるといえるでしょう。相対的重要度を正確に判断するために、自分以外の方の意見を聞いてみることも大切です。

サイトを閲覧する際の利便性を高めるためにはサイドバーを用意することも有効となります。サイドバーがあれば、簡単に目的に合ったページへと移動できる可能性があります。また、サイドバーの内容を見るだけでそのホームページの構成を何となく把握することも出来ます。

検索エンジンではクローラーが巡回することにより、検索結果にそれぞれのサイトが掲載されるようになっています。それゆえにクローラーが巡回していない限り、検索結果に載らないという問題が発生してしまうことになります。クローラーが抜け漏れなく正常に循環するサイト構成にすることはクローラビリティーという言葉でも表現されます。内部リンクと外部リンクが両方とも充実しているサイトは検索結果の上位に表示されやすくなります。1ページで表現できる内容には限りがあります。それゆえに内部リンクを活用し、様々なページに移動してもらえる仕組みにすることが大切です。ホームページ上への滞在時間が延びれば、コンバージョン率などを高めることにも繋がる可能性があります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧