• ホーム
  • 正しい見出しの使い方でわかりやすいコンテンツに

正しい見出しの使い方でわかりやすいコンテンツに

記事を書く時には大見出しや小見出しなどを使い、整理することが重要となります。大見出しはh1と表現することが一般的です。基本的にはh1は1ページに1つにしておくことが有効となります。大見出しがページ内にたくさんあると、そのページで伝えたいことが分かりにくくなってしまう恐れがあるからです。h1は1ページに1つになっていると、テーマが絞れていることが伝わりやすく、読みやすさの向上に繋がります。

キーワードを明白に選定していくことも重要となります。サイトを作り始めたころによくやってしまいがちなのが、何でもかんでも詰め込みすぎてテーマがよく分からないという事態です。利用者の多くは何らかの目的をもってサイトにアクセスします。そのサイトに記載されている内容が分かりにくければ、再度訪れてくれない可能性があります。リピーターを増やすことはSEO対策において非常に大切です。何度でも読みたくなるようなテキストを用意することが出来れば、アクセス数を増やすことが出来ます。

書き方の順序も読みやすさに直結します。サイト内の記事には何らかの結論があるはずです。利用者は早く結論を知りたいと思っていることが多く、結論をもったいぶるのはマイナスになってしまう可能性があります。一方で結論をいきなり述べてしまうと、その時点で利用者が離脱してしまう可能性が高くなってしまいます。それゆえに結論を告げつつも、続きが気になるように導くテキストを用意することも重要です。最後まで読んでもらえるのと、途中で離脱されてしまうのでは大きく状況が異なります。なるべく長くサイト内にいてもらえるようにテキストを工夫しましょう。

目次を用意することは一目でサイトの内容を知ってもらうことに繋がります。目次に興味深い内容が含まれていれば、読んでみたいと思ってもらえる可能性が高くなります。目次に興味を惹くような見出しを含めることも大切といえるでしょう。画像は利用者の関心を引き出しやすい要素の1つです。しかし、早く結論を知りたい利用者にとって無関係な画像は必ずしも良い効果をもたらしません。あくまで画像は利用者にとってメリットのあるものや、サイトの彩りにおいて良い効果をもたらすものであることが重要となります。むやみに画像を貼り付ければ良いということではないので注意しておきましょう。また、画像を転載するときには引用元に許可を取ることが必要となります。キーワードと順序は慎重に検討しましょう。

関連記事