• ホーム
  • SEOに効果的なサイトのURL構造とは

SEOに効果的なサイトのURL構造とは

サイトのURLはある程度、作成者の任意で決めることが出来ます。その時に重要となるのがアンダースコアとハイフンのどちらを使うかということです。アンダースコアとはアンダーバーとも呼ばれる記号であり、主に言葉と言葉を繋ぐときに使われます。ハイフンもアンダースコアとよく似た用途で使われますが、こちらは中央に表示される横棒となっています。どちらを使っても基本的には問題がありませんが、ハイフンの方を推奨されることもあります。

URLを設定するときにはパーマリンクも重要となります。パーマリンクとはウェブサイトのURLの末尾部分のことで、パーマネントリンクのことを指しています。この部分はページが増えても変わることがありません。それゆえにURLを見た方に何らかの印象を与えやすい部分となっています。自サイトの特徴をよく表す内容にしておくことが有効です。

SEO対策の一環としてディレクトリが行われることもあります。これはポータルサイトのカテゴリに登録することであり、ディレクトリ登録という言い方がなされることも多いです。ディレクトリを行うとアクセス数を飛躍的に向上させられる可能性があります。しかしながらガイドラインに違反しているディレクトリサイトは警告やペナルティの対象となっています。それゆえにディレクトリ登録を行う際にはそのサイトの特徴を良く知っておくことが大切です。

検索エンジンからはキーワード検索が行われることが多いものの、場合によってはURLを直接入力して検索を行うケースもあります。その際には簡潔なURLの方が入力しやすいというメリットがあるため、なるべく簡潔なURLにしておくという戦略も存在します。しかしながら、簡潔なURLは他のサイトと被りやすく、登録できないというケースもあるのでその点には注意が必要です。

URL構造は見た目では英語になっていますが、よく内容を見ていると実は日本語をローマ字表記にしているだけということが多いです。日本人を対象としたサイトの場合はローマ字の方が内容を伝えやすいかもしれません。一方で世界中からのアクセスに期待したいという場合は積極的に日本語だけでなく英語を取り入れていくことが有効です。世界のどこからでもアクセスできる可能性があるということはインターネットのメリットの1つです。世界中に向けて開けているサイトはGoogleなどの検索エンジンからも評価を得やすいといえます。キーワードとコンテンツがかみ合っているかどうかは、コンテンツの側からも確認しておきましょう。もちろんURL構造とのバランスも大切です。

関連記事